大阪 神戸市 不動産買取り 競売 競売代行 任意売却 仲介コンサルティング業【ハウスコンサルタント】

»
お問合わせ
»
リンク集
»
サイトマップ
不動産再生流動化
不動産買取り
競売代行業務
任意売却業務
一般売買物件情報
投資・収益物件情報
競売代行業務
  競売不動産の代行業務
 
不動産を少しでも安く購入したいとお考えの方!
市場価格より安価な不動産購入手段として不動産競売があります。
競売物件には、危険とリスクが必ずついております。
入札前に是非競売代行専門業者へご相談されることをお勧めいたします。
そこで、当社が長年の実績から積み重ねられた競売のノウハウを
活かし、競売不動産を安く、手に入れる方法をアドバイスし、競売不動産
リストの送付、入札、落札、立ち退き、権利関係の整理、引渡しまでを、
当社が責任を持て代行致します。

その後のアフターケアでリフォーム工事、再販(オープンハウス等の広告活動)
、収益物件の客付け、サイクル性の高い物件のご紹介等、総合的にサポート致します。

 

お気軽にお問い合わせいただければ、すぐにお伺いいたします。
・入札参加者 住民票、印鑑証明書がご用意できる方
・競売物件売主 裁判所

・物件内見できません。
物件明細、現況調査報告書、不動産評価書など観覧できますが、
必ず占有状況など書面と合っているとは限りません。
権利関係が複雑で専門家のアドバイスを要する不動産も売却されています。

 

 
競売代行システム:料金
※詳しくは番号をクリックしてください。
ご希望条件をご連絡ください。
(地域、種別、予算、面積)
不動産選択
・競売不動産リストをお送りいたします。
・購入したい不動産がございましたら当社が物件調査します。
・費用・スケジュールを明確にします。

入札
・予想落札価格を決定し、入札します。
・裁判所の手続きは、全て当社が代行します。
・購入申込金(入札保証金)として、最低売却価格の20%が必要です。
落札
・但し、落札出来なかった場合は無料
・入札者の中で一番高い金額であれば落札者となります。
※落札できない場合は振込み保証金は裁判所から送金されます。
代金納付
・裁判所から代金の払い込み通知がきます。裁判所の指定日までに
残金(落札価格から保証金を除いたもの)及び登録費用を送金します。
・裁判所の手続きは全て代行します。
※払込期限は、落札日から約1〜2ヶ月です。
占有者の立ち退き、権利関係の整理
・落札した不動産に占有者がいる場合は、明渡し条件の交渉及び
明渡し作業の代行いたします。
引渡し
いよいよ、ご自分の資産として、利用できます。
当社スタッフと共に現地確認して頂きます。
確認後、カギをお渡し致します。

ハイリスクハイリターンをローリスクハイリターンに転売か、収益化か、自用か、裁判目的で利益享受か、(地域、種別、予算、面積)
不動産選択
・執行センター至近に事務所あるためフットワーク軽い
・独自の競売不動産の見方(3点セットの見方)
・落札後の動向は、幾多のパターンが有る。
・費用対効果を考慮して行動する。関東とは、価格の算定法違う

入札
・落札価格は、様々な過去の怨念と市場、欲により決まる。債権者の関係 任売の動き 希少性の有無 活用性の高さ
落札
・落札直後にすることは、用途、占有者の性格により変化
・売許可決直後することも多種多様
※占排は、相手の5回のチャンスにどれだけ徒労に終わるかを執拗に意識を変える
努力を絶やさない事(多方面から)短賃占有も退去が希望であれば方法がある。
買戻話は、現金を早急に目で見ること。買受人は確定後は強固な権利発生点燈の意識をもつ
代金納付
・空室渡し失敗であれば同日に引令申請、買受の為の保全処分等
長賃・短賃者へ賃貸撒きなおしか新規契か。
非訟で出来ること(借地の場合)
泥試合になった場合の原審却下方法、裏切り行為があった場合の対処方法。
権利関係を整理しながら柔軟交渉しつつ相手の動向も見る。相談相手、
欲しているものは何か。
・特に相手の調査報告書・上申書謄写は、重要。占有補助者を如何にうまく活用できるか。
引渡し
実質自用の資産として、利用できます。
客付け準備販売準備改装準備は、引渡し前までに!
当社スタッフと共に現地確認して頂きます。
確認後、カギをお渡し致します。
他の区分所有の継承分(管理費他)を減額させる方法
お問い合わせ
再生ハウス
TEL 06-6392-5578
FAX 06-6392-5522
 
実績と実例
【お客様の要望】
ファミリー用で自分のマンションの近く、できれば同じマンション内の物件を
総費用1000万円以内で購入したい。
お客様のご希望が具体的に絞られていますので、淀川区のマンション物件のみを探し始めました。淀川区はマンション物件が良くあるのですが、すぐ近くの物件はそう簡単には見つかりませんでした。探し初めて4ヶ月ほどして、公開されたのが以下の物件で、都合の良いことに、お客様がお住まいと同じマンション内でした。

 

競売における公示内容
最低売却価格 619万
建物名 プラムハイツ新大阪
所在 大阪市淀川区東三国3丁目
概要  
間取り 3LDK 専有面積 58.5u
築年数 昭和53年7月
建築構造 SRC15階建

最低売却価格が 619万円、管理費等の滞納金が約50万円程度で収まり、所有者が占有中で、棟内に売り出し価格1180万円でオープンハウスとして公開をしている物件でした。

早速、お客様に物件資料をお送りすると、早速入札参加の意思を表明されました。

【物件調査から落札まで】

物件調査で不法な占有でもなく、所有者の経済的な理由の占有中で、引渡の意志も有り、建築に関しての法律にも問題が無く、入札申込が決定しました。

調査報告書の中で、私どもの落札予想金額は780万円以内とご提案したしました。

転売目的の不動産業者の入札上限810万円、自己居住目的の入札だと960万円程度が、上限だと今までのデータから割り出しました。予想される入札安全価格は720万円〜780万円となります。結果的には私どものアドバイス通り、835万円で申込をし、次順位と小差で無事に落札できました。

【落札物件の引渡交渉】

前所有者との引渡交渉の結果、退去できない理由は経済的な理由で、引越し先の敷金等が捻出できない事でした。競売物件では良くあることで、競売にかけられる所有者は既に経済的に破綻している人がほとんどで、この事例のように引越し費用が捻出できない人も多くおられます。・・・・そこで、引渡命令〜強制執行まで約3ヶ月待つか、執行費用以内の示談金で明渡しを早める交渉をするか判断します。

強制執行の場合、搬出する荷物の量で決まるのですが、執行費用は執行代行等裁判所関係費用実費に約20万円、催促より断行~保管〜動産競売までの強制執行裁判手続及び立会費用として約40万程度必要です。

もちろん、競売物件を購入したのですから、賃借権等がついていなければ引渡命令から強制執行と、簡易迅速にさせようとしているのが民執法の流れですがその執行費用は買受人の費用負担で執行されます。但し占有を解除するものですから

杓子定規にならない、執行妨害なども考察しておかなければなりません。

今回のような理不尽な占有ではなく純粋に経済的な理由での占有であれば、私どもの交渉で、強制執行費以内の示談金で退去引渡を受けています。

今回の事例では、3週間後の早期明渡の示談金立退き料として30万円と引換えに空室確認をした上で鍵を受取りました。で無事引渡を受けました。

最終的なマンション購入費用の内訳

マンション購入費

8,350,000円

所有権移転登記費用(登録免許税)

約140,000円

印紙代

約40,000円

入札コンサルティング費用

230,000円

滞納金

450,000円円

引越し援助費用

300,000円

引渡交渉〜執行準備 鍵渡立会代行

220,000円

合計 ¥9,830,000

依頼されたお客様は売り出し価格1180万円のマンションを諸費用全て込みで、予算の1000万円より安い、約973万円で手に入れられた訳です。

その後、購入予算から浮いた費用の中から60万円で、全室のクロス張替、カーペット張替、畳表替え、襖、障子の張替、をお引受けしました。

お問い合わせをする

再生ハウス
TEL 06-6392-5578
FAX 06-6392-5522
 
QRコード
ページトップ
ハウスコンサルタント
大阪府知事免許(4)48319
〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1丁目8番14号
TEL06-6392-5500 FAX06-6392-5522
ハウスコンサルタント
Copyright (C) 2015 House Consultant . All rights reserved.